こちらは「ハローワークで職業訓練」です。

職業訓練、ハローワーク、失業保険等、職業訓練制度を活用した失業生活や求職活動、
雇用に関するニュースを定期的にピックアップし掲載しています。


2011年07月25日

厚労省、被災者雇用で助成金 職業訓練1回あたり最大20万円

 厚生労働省は25日、東日本大震災の被災者を雇った中小企業に対し、職業訓練に必要な経費を助成すると発表した。仕事に必要な技術を新たに教育する場合、1回の訓練に最大20万円を助成する。外部の教育機関に委託するだけでなく、仕事をしながら教育を受ける職場内訓練(OJT)も助成対象にする。職業訓練を通じて職種を超えた再就職を円滑にするのが狙いだ。

 対象となる中小企業は(1)岩手・宮城・福島などで災害救助法が適用となる地域の企業で、以前雇っていた社員を再雇用した(2)地震で失業した人や被災地出身の新卒学生を採用した場合――のいずれか。1つの職業訓練は10時間以上で、専門的な知識や技能のある講師が社員の指導にあたる。

 今までも健康産業や環境エネルギー分野で職業訓練の助成制度はあったが、震災がきっかけで仕事を失った人に対し、幅広い業種の職業訓練を助成する。

厚労省、被災者雇用で助成金 職業訓練1回あたり最大20万円
(2011年7月25日 日本経済新聞)





posted by ハローワーク職業訓練 at 23:12 | 職業訓練ニュース
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。