こちらは「ハローワークで職業訓練」です。

職業訓練、ハローワーク、失業保険等、職業訓練制度を活用した失業生活や求職活動、
雇用に関するニュースを定期的にピックアップし掲載しています。


2011年03月18日

東北地方太平洋沖地震に伴う雇用保険失業給付の特例措置について

3月17日、厚生労働省は「東北地方太平洋沖地震に伴う雇用保険失業給付の特例措置について」を発表しました。骨子は以下の通りです。

●ハローワークへ来所できない方々の「失業の認定日」の取扱いについて

雇用保険失業給付を受給している方が、災害のため、指定された失業の認定日にやむを得ずハローワークに来所できないときは、電話などでご連絡をいただければ、失業の認定日を変更することができます。

●居住地管轄ハローワーク以外での失業給付の受給手続きについて

交通の途絶や遠隔地への避難などにより居住地を管轄するハローワークに来所できないときは、来所可能なハローワークで失業給付の受給手続きをすることができます。

●災害時における雇用保険の特例措置について

<概要>

@事業所が災害を受けたことにより休止・廃止したために、休業を余儀なくされ、賃金を受けることができない状態にある方については、実際に離職していなくても失業給付(雇用保険の基本手当)を受給できます(休業)。

A災害救助法の指定地域にある事業所が災害により事業が休止・廃止したために、一時的に離職を余儀なくされた方については、事業再開後の再雇用が予定されている場合であっても、失業給付を受給できます(離職)。

※災害により直接被害を受け、事業所が休止・廃止になり、休業した場合または一時的な離職をした場合が対象となります。
※上記の失業給付は、雇用保険に6カ月以上加入しているなどの要件を満たす方が対象となります。

詳細>>東北地方太平洋沖地震に伴う雇用保険失業給付の特例措置について(2011年3月17日 厚生労働省・都道府県労働局・公共職業安定所(ハローワーク))





posted by ハローワーク職業訓練 at 17:00 | 就職・転職ニュース

2011年02月27日

新卒応援ハローワーク、徐々に実績

 ハローワークで職を探す学生や既卒者が増えている。厚生労働省は昨年9月以降、専門窓口の「新卒応援ハローワーク」を全都道府県に計56カ所設置。求人数も増え、未内定の大学4年生や既卒者には「きめ細かく対応してもらえる」と好評だ。一方で、「雇用のミスマッチ」などの問題は依然として残されている。

 2月中旬の平日。東京都港区の「東京新卒応援ハローワーク」では、就職先を求める学生や既卒者らが、真剣な表情でジョブサポーターへの相談や求人情報の検索、面接指導に臨んでいた。

 2週間前に初めて訪れ、すでに4回目となる大学4年の女子学生(22)は、「大学や民間業者より親身になってくれる。もっと早く知っていれば良かったと思うけど、何とか4月から働けるようにしたい」。初めて来たという短大2年生(20)は「就職が決まらずに焦っていたが、丁寧な対応で安心できた」と話す.....

詳細>>新卒ハローワーク快調 専門窓口「親身」、徐々に実績(2011年2月24日 朝日新聞)


posted by ハローワーク職業訓練 at 23:13 | 就職・転職ニュース

2011年01月20日

「働きたい」 思い切実 障害者就職面接会に100人 近江八幡市

 滋賀労働局などは「障害者就職面接会」を18日、近江八幡市の男女共同参画センターで開いた。身体・精神・知的障害者100人が「働きたい」という切実な思いを胸にメーカーや銀行など15社の面接に臨んだ。

 車いすの青年や聴覚障害のある男性が、障害の状況を説明したり、人事担当者から「共同作業はできますか?」などの質問を受けていた。

 県内の障害者雇用は国の制度改善もあり、回復基調にある。だが、県内企業の障害者実雇用率は1・69%(2010年6月)と法定雇用率1・8%を依然、下回っている。

 脳性まひがある竜王町の女性(34)は、町内の三井アウトレットパーク滋賀竜王で商品の販売や陳列を行っている2社の面接を受けた。「親に頼らず働きたい」と緊張した表情を見せていた。

 面接会は20日に彦根市、2月16日に草津市でも開く.....

詳細>>「働きたい」 思い切実 近江八幡、障害者就職面接会に100人(2011年01月18日 京都新聞)


posted by ハローワーク職業訓練 at 12:12 | 就職・転職ニュース
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。